サッカーボールは茶摘みの季節に


1ヶ月前の練習日、グランド隣の茶畑にサッカーボールが入ってしまいました。



ゴルフや野球ボールではなく、4号のサッカーボールなのに見つける事ができません。

そのあと、見つけてあげるよ、と幾人もの大人や選手達が、茶畑の宝探しに挑みましたが、諦めるまでに皆、3分とかかりませんでした。

茶畑が広大過ぎました。

きっと茶摘みの季節になれば、見つかるっ茶ないでしょうか。





日向市マルイチカップでの3つのハプニングと報告


先日の日向市マルイチカップでは、3つのハプニングがありました。

まずは、降雪です。宮崎平野部では雪が降る事が珍しいため、少しぐらいは喜ばしいのですが、いかんせん寒すぎました。控え選手やサポーターは震えながらの応援となりました。

あまりの寒さに風邪をこじらせたサポーターがいて、発熱や頭痛、咳などで苦しんでいるのだとか。


次に、スマホ紛失事件。



熱戦の緊張がとけた頃、ある方のスマホがなくなっていた事がわかりました。音も振動もオフ、gps検索機能もオフという事で、通った所をローラー作戦でさがしました。

結果的に見つかって安心しました。


最後に、鉄棒落下事件。

子どもサポーターが高い鉄棒から落ちました。しかも顔から。
鼻やおデコを擦りむき、在宅医へ。
幸い、骨折はなく、鼻に絆創膏を貼って、完治を待っています。

大変お騒がせしました。





鹿島アントラーズサッカースクールに参加しました。


日向市マルイチカップ1回戦でトップチームが熱戦を繰り広げていた頃、



4年生女子、3年生以下は、鹿島アントラーズサッカースクールに参加していました。







良い思い出になったことでしょう。







日向市マルイチカップ宮崎南戦結果


昨日の日向市マルイチカップ 1回戦 宮崎南サッカースポーツ少年団との対戦結果です。



善戦むなしくと言う言葉があてはまるかどうか、0-3で敗れ、善戦して敗れはしましたが、不思議とむなしさはない気がします。

4ヶ月ほど前に0-7で敗れた強豪に、前半終了前まで、押され気味ではあったもののスコアレスドローで抑えていました。

終わってみれば、チェックの厳しい相手の地力が勝った結果でしょう。
しかしながら、これまで繰り返し行った練習により、前回より確実に差を縮め、力を出し切った、よくやった、という思いがあります。それが終了後の監督のあの5文字の言葉に表れていました。だから、むなしさはなく、ただ前を見て進むだけです。
もし、次回の対戦機会があれば楽しみです。

試合後は、昼食を済ませ、解散となりました。審判員として、おそくまで残ってくれた、MコーチとIコーチに感謝いたします。






日向市マルイチカップ 開幕


氷点下の寒空の下、日向市マルイチカップが開幕しました。



今朝、6時前に集合して出発。



サンドーム日向で開会式。104チームのサッカー少年少女が集結しました。





その後、すぐに車で5分の日知屋小学校へ移動。



凍てつく浜風を受けながら、AコーチとM副会長が4つのテントを組み立ててくれていました。感謝。



対戦相手、宮崎南サッカースポーツ少年団の隣で、



体をほぐし、



ハーフタイム練習を終えて、



まもなく、決戦を迎えます。





富士山を眺めながらのマルイチカップ前日


富士山だ、と遠方の雪山に最初に気づいたのは、ボールはともだちのTくんでした。



もちろん、富士山ではありませんが、明日からの日向市マルイチカップで頂上を目指す戦いがあるので、ゲンの良い間違えと言えるでしょう。



トップチームの練習は、いつもの土曜日に比べて、コートを広く取り、実戦的で、監督の言葉にも時折、『明日は』というワードが出ていたように、初戦を意識しての練習メニューでした。明日はベストを尽くして戦いましょう。



一方、4年女子、3年以下はMコーチが見てくれていました。

キカンボーが多く、まるで子供みたいな選手たちには、ほとほと手を焼いている様子で、Mコーチも疲れたことでしょう。
とにかく、明日の鹿島アントラーズサッカースクールでは、言う事を聞いてくれますように。





日向市マルイチカップ、エールを頂きました


今度の日曜日は、日向市マルイチカップ第41回九州ジュニア(U-12)サッカー宮崎県大会(平成28年1月24日~)に参戦します。

3人の6年生にとっては、これが最後の県大会です。



昨日の小学校運動場での練習後には、ボールはともだち6年生のTくんに、6年担任のK先生がエールを送ってくださっていました。

さらには、忘れ物を届ける際に、教頭先生から、「大会が近いそうですね、頑張ってください」とエールを頂きました。

木脇小総ぐるみで応援してくれているかのようです。

皆さんのエールを元気玉に変えて、日向市マルイチカップを戦いましょう!


日向市マルイチカップの組み合わせ・会場の日知屋小学校地図はこちら

前年の日向市マルイチカップの様子はこちら







鹿島アントラーズ サッカースクールin宮崎 参加


日向市マルイチカップが行われる今度の日曜日、3年生以下は、宮崎キャンプに来県の鹿島アントラーズ サッカースクールin宮崎に参加します。



きっかけは、木脇SSSにこんな案内が回ってきたこと。

J1のアントラーズ選手と触れ合うサッカースクールとなれば、参加せざるをえない、参加せざるをえない、ですね。


日向市マルイチカップ、アントラーズサッカースクール、どちらを応援に行くか?

悩ましい選択です。






2015年度宮東カップ 2日目 試合結果


冷たい雨でした。2日目の昨日は、1試合目途中からパラつきだした雨が、2試合目には、冷たい雨が止まなくなり、帰る頃には本降りとなっていました。



1試合目は、高岡サッカースポーツ少年団が相手。後半途中までは、なんとか凌ぎましたが、とうとう失点を許し、敗れてしまいました。






昼を過ぎた頃、遅めの開会式。




2試合目は、瓜生野サッカースポーツ少年団に2-0で完封勝利。
トップ中央を任された帰国子女Sくんが期待通りに先制ゴール。
さらに後半途中まで、停滞ぎみだった試合に勝利を引き寄せるゴールを膝で押し込んだのは、ボールはともだち6年生Tくんでした。

1勝1敗で来月の同大会へ続きます。

さて、来週末はいよいよ最後の県大会 日向市マルイチカップです。

強豪 宮崎南サッカースポーツ少年団相手にどんな戦いを見せれるか。熱戦を期待しましょう。






2015年度 宮東カップ 2日目


昨日行われた宮東カップ 初日の試合結果です。

キッズは、本庄サッカースポーツ少年団に0-5で敗れましたが、高岡サッカースポーツ少年団Bに6-1で勝利しました。

サテライトは、インセブルAに0-3で敗れましたが、田野サッカースポーツ少年団に2-0で勝利しました。

本日は、トップが参戦します。



早朝、星空の下、風になって集合。



到着後、設営を



行いました。



ただでさえ少ない、清武河川敷グランドのトイレが壊れていました。



急遽、案内を書き、



男子は、100メートル先までダッシュしてもらうことに。



この後、高岡サッカースポーツ少年団と瓜生野サッカースポーツ少年団との対戦が組まれています。





2015年度 宮東カップ 組合せ


今週末は、清武河川敷グランドにて、2015年度 宮東カップが行われます。以下が組合せです。

2016年1月16日土曜日

キッズ



サテライト



2016年1月17日 日曜日

トップ



頑張りましょう。


タグ :宮東カップ




監督たちの深イイ言葉


先日の練習試合では、選手もグランド作りを行いました。



みんなでゴールネットを付ける際、遊んでいた選手たちを監督が注意しました。

『ここに何しに来ちょっとや』と。

すると、叱られた選手は、『サッカーです。』と答えました。

そう、だったら、遊ばずにしっかりやろうよ。と、監督は返すのだろうなと予想しましたが、出てきた言葉は意外なものでした。

『サッカーだけや?』

とても深い言葉ですね。きっと監督の思いがここに詰まっていることでしょう。


また、対戦相手のUサッカーの監督さん。試合中、ある選手に声をかけてました。

味方のミスを責めてはいけないよ、お前が盛り上げていこうよ。と。

ここにも、選手たちを育てにかかる指導者がいました。少年サッカーには希望があります。

木脇SSSは、サッカーが上手くなるだけのサッカー部ではありません。入部希望者は、お気軽にご見学くださいね。





3チーム集結の強化試合 終える


本日は、練習試合を行いました。場所は、テクノビレッジから瓜生野河川敷グランドに変更になり、瓜生野サッカースポーツ少年団とインセブルFCが相手です。



トップ、サテライト、キッズの全てのカテゴリーが参加です。
曇り空から時折、小雨が降る寒い1日でしたが、



いろいろなポジションを試せる良い強化試合となりました。2チームの皆様、有難うございました。



来週末は、清武河川敷グランドにて、宮東カップが予定されています。







第20回生目台カップ 2日目 最終結果


第20回生目台カップ 2日目が終わりました。




2-4位パートに入った、木脇SSSは、本庄サッカースポーツ少年団との国富ダービーに、0-4で敗れました。



次の対戦相手、潮見パワーズの戦いを観戦したのが、功を奏したのか、



本番では、5-0と勝利し、生目台カップを終えました。



解散後に、残った者は、1-2位パートの決勝戦と2-4位パートの決勝戦を観戦しました。



1-2位パートの決勝は、セントラルFC対アリーバFCとなり、前回県大会の決勝戦と同じ組み合わせでした。
結果は、アリーバFCに軍配が上がり、雪辱となりました。

一方、2-4位パート決勝は、本庄サッカースポーツ少年団が大宮に勝利しました。

つまり、昨日唯一、木脇SSSに土をつけたアリーバと、本日唯一、木脇SSSに土をつけた本庄が、優勝しました。

木脇SSSに勝てば、優勝するというジンクスが広がりそうです。

明日は、テクノビレッジにて、全カテゴリーの練習試合が組まれています。






第20回生目台カップ 2日目 その1


第20回生目台カップ U-12の 2日目です。



2〜4位トーナメントに進み、本庄サッカースポーツ少年団との国富ダービーを迎えます。



この国富ダービーには、翌日、第6回宮崎県市町村駅伝大会で国富町代表のチームメイトとして共に戦う選手同士の走り比べも期待できる、楽しみな一戦となります。






第20回生目台カップ 初日結果


昨日の生目台カップ初日の試合結果です。

まずは、U-9から



プレジールFCに勝ち、吾田JrFCエストレーラに引き分けでした。



その結果、2位リーグに進みましたが、大塚サッカースクールに負けて大会を終えました。

最終結果です。




それから、U-12



宮崎サッカースポーツ少年団に競り勝ち、アリーバFCに大敗しました。



初日の最終結果です。2日目の本日は、3位リーグのトーナメントに挑みます。






蹴り初めは冷え込みました。


昨日は、今年初めての練習日でした。




いわゆる、蹴り初めですが、天候不良により、1月7日と遅めになりました。

練習後には、ユニバーさるスタジオジャパンのお土産が配布されたのだとか。

今朝はきっと、元気よく始業式を迎えたことでしょう。





第20回生目台カップ組合せ


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

現在の学年での出場は残り3ヶ月、特に6年生は卒団が迫ってきています、一戦一戦を頑張って戦いましょう!


さて、今週末は第20回生目台カップに参戦します。

U-9 

日にち: 1月9日(土)のみ 
会場:  生目の杜運動公園 人工芝
参加:  16チーム

予選組合せは下記です。



吾田JrFCエストレーラとプレジールFCが相手。


U-12

日にち: 1月9日(土)10日(日) 
会場:  サンスポーツランド高岡
参加:  28チーム

予選組合せは下記です。



宮崎サッカースポーツ少年団とアリーバFCが相手。

強豪と戦える良いチャンスです。リーグ1位なら、3試合目あり。

頑張りましょう!










店舗・企業情報

店名

木脇サッカースポーツ少年団

住所

〒880-1100
宮崎県東諸県郡国富町

TEL

営業時間

火・木・土・(日・祝)

定休日

月・水・金

URL

http://kiwaki.miyachan.cc/

コメント

よろしくお願いします。